べすぱのライヴ


小鳩幼稚園未就園児の会ミニコンサート

secret
2018年6月2日(土)
[会場]小鳩幼稚園ホール(山口県宇部市)
[時間]10時より
[出演]べすぱ
 

ミニコラム『ありがとう上田雪江さん』

2017年秋、山口県宇部市にある小鳩幼稚園の園長、上田雪江さんが空に旅立った。
もう10年くらい前になるかな、二胡弾きの今井美樹さんに誘われて歌いに行ったのがここでのはじめてのLiveだった。その後、何度か声をかけていただいて歌いに行った。

あるときのLiveで、当時2才くらいだった息子が、ステージにあるクラリネットを持ってトコトコ歩き出した。リードが壊れては予備がないしこの後困るなぁと思い、とっさにマウスピースの部分だけ外して、樽以下を息子に渡した。息子はクラリネットを抱いてごきげんに歩き回り、また楽器を私に戻してくれたように記憶している。その場面を上田雪江さんはLive後、皆さんの前でこう話してくれた。

楽器の一番大事な部分だけお母さんが抜いて、あとはこどもさんに渡しました。とにかくこどもをじゃまにしないことが大切、そうすればこどももおとなをじゃまに思わずいてくれる。

そんなお話だった。どっちかというと、樽以下の部分の方が値段も高いし精密なキーも並んでいる。だけど小さな息子にも、私がこの楽器を大事にしているのはきっと伝わってるという確信があったから、無下にはしないだろうと渡したんだと思う。そんな小さな場面も上田雪江さんはいつも優しく切り取って、伝えたいことをこどもにも大人にも分かりやすく話してくださった。そして私の歌への気持ちをいつも前向きにしてくださり、これまで歌ってきてよかったと素直に思え、これからも歌いたいと思ったんだ。どんな悩みも、いいんだよいいんだよと包んでくださった。

これからはまるで風に乗るように、彼女の好きな場所へ旅をされるのだろう。きっと小鳩幼稚園のことや、こどもたちの未来のことを優しく強く見守られるのだろう。心にいつでもあの優しい上田雪江さんの声や雰囲気を思い出せるように、「これを聴くと聴かんじゃ違う!」って言ってもらえる音楽であれるように、わたしは優しさを忘れずに歌おうと心から思うのです。
  
Kaori Matsuura